FANBOX

ついに、右手を強度の痺れで、その用を廃してから、 不屈の精神で、左手一本で描き上げました。 まだまだ完全ではないですが、筆圧コントロールもそれなりに出来るようになったので、 続けられる確信は生まれてい ...