同性愛バンパイアのプロデューサーがアメバTVでめっちゃ怒られてた

実際のAbemaTVの本編サイトは
「笑いが差別を再生産」噛まれたら同性愛者に? 当事者VS映画プロデューサー


えーっと。

なんていうか。

めっちゃ怒られてた

同性愛の人から頭ごなしの完全否定に、小島慶子からのヒステリック気味の罵倒

必見ですw
見てください。

で、そのあとに、改めて、僕が先日世に送り出し、
DLSiteから叱られて絶版にさせた

VIP達の、秘密エイズ倶楽部

エイズ倶楽部でレビュー頂きました!

VIP達の、秘密エイズ倶楽部は絶版になります・・・

辺りを読んでみてください・・・w

なんというか。

このプロデューサーがめっちゃ怒られてるの、ハッキリ言って

僕が怒られてるみたいでしたw

フルボッコでした。
僕が小島慶子からヒステリックに罵声を浴びせられてるみたいでしたw

でも一番最後に、出版社サイドの人は、ヒステリックに叫んでいる人たちよりも冷静な感じが、ちょっと救いでした。

お金払って見るものなんだから、見たくない人は見なければいい。

これも正論だと思いますし、

かといって誰かが傷つくようなものは、繊細に扱わないとね。

というのも正論だと思いますし・・・。

とはいえ、難しいんですが、そういう所を攻め続けてこその同人なので、

相変わらずギリギリは攻めたいなとは思ってます。

最後に僕の意見なんですが・・・

この作品を徹底的に攻めている人たちは、

同性愛者は性に貪欲で見境いなくヤろうとしているシーンが描かれている。
こんな作品を世に出したら、同性愛者が勘違いされる。偏見が助長される。
ふざけんな!

という論調なんですけど、

いや、ちょっと待ってくれ。
道歩いているは、全員

可能ならいつだって見境なくヤりたいと思ってますよね?

女のケツが目の前歩いてたら、

ああ・・・チンチン入れてー・・・!!!

とか考えますよね。

別に同性愛者関係ないと思うんですけど・・・。
過剰反応じゃないですかね・・・?

そんな作品より、僕が描いた

VIP達の、秘密エイズ倶楽部

の方が、言い訳聞かないくらい怒られて当然な作品になっちゃってますから!w

でも、今ここで言い訳を一応しますけど、
この作品で僕が描きたかったのは、

金持ちどもは、どんな事をしても許されると思ってるんだろう!?

そういう風潮世間に暴くべく、徹底的に風刺、揶揄した作品だったんですからね?
金持ちになったことないから分からないけどw
あんな感じの事、絶対やっていて、
高見からヘラヘラ笑って見てるはずなんですよ金持ちどもは。

たぶん。

そういう人達への挑戦も込めて描いた作品。ではありました!