「積荷の女」という時点で商品という属性が付与される

カルガ 積荷の女

なかなか良質な人身売買モノのストーリーでした。

極悪ぶりが中途半端だったり、
チンチン入れられてるシーンが弱かったりすると、
評価はすこぶる落ちるのですが(どんな評価基準だ)、
この作品は

及第点

ですね。

セックスワンシーンだけで、あとはそれを匂わせるような何か。あるだけなんですが、
その内容が濃ければ何の問題も無いです。

ただ、買春野郎の鬼畜さはちょっと足りなかったかな?
僕が出演したら、もっとブルドックみたいにヨダレ垂らしてやりますけど。

こんなんにチンポ入れられるなら、死ぬわ。

くらいの感じが必要でしたね。

あと、翻訳で、

数えきれないくらいのナニをくわえて

っていうところがあったんですけど。

そこは違うでしょ。もっとハッキリ言いましょうよ。

数えきれないくらいのチンポしゃぶって

くらい翻訳しましょうよw

とは思いました。

こんな感じで、一部そういう事も匂わせてくれるので、これでヌくというのは無理だと思いますけど、
そういう世界があるんだという、より知見が広がるという意味では見て損無し、の作品でした(2時間の視聴が全然耐えられるという意味で)!




このサイトは成人向けの情報を含みますので、
18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

ENTERLEAVE