『子ども』と『娼館』というパワーワードに釣られて

2019年12月13日

子ども娼館というタイトルに釣られて、気づいたらポチってました。

内容は、ヘンゼルとグレーテルという童話を参考にされた、タイトル通りの内容でして、そこそこ満足することが出来ました。

ただリンク先を見てわかる通り、こちらは一般誌サイドで販売されている作品でして、従いまして

エロ箇所は、

かなりライトに、

というか

ほぼ無い

という仕上げになっておりました。

あと、1話目は『子ども娼館』で、タイトル通りなんですけど、それ以外の話については、このパワーワードとは何の関連も無い別ストーリーの内容でして、
正直な話、このタイトルは完全に釣りで、他の作品も抱き合わせで読んだ感が強く、
もう少し同系統だったら満足度が高かったと思うんですけど、
その辺はいまいちな感じがしまして、

もし僕がオムニバス作品をリリースする際には、

この僕が感じた気持ちは、大切にしないといけないな?

とは思いました。

ちなみに以下は拙作の「虚ろな目をした娼年たち」と、「植脳」なんですが、てっきり子ども娼館でも

こういう感じや、娼館なんだから

こういう感じのが出ると思ったんですけどw
さすがに一般誌じゃ無理かwww

というわけで、妄想ネタを求めている人には、「子ども娼館」を、

エロ含めてを求めている人には、拙作の「虚ろな目をした娼年たち」も、

合わせてお勧めしておきます!w