芥川賞に隠れたドラッグ&セックス小説

2019年12月13日

小説は、同人エロ漫画のための創作のタネになるので、時間を見つければせっせと読んでいるのですが、
かといってどうせ時間を使うなら、出来るだけエロいヤツがいいわけです。

本屋に行ったら、まるで
国語の成績は常に5でした。みたいな涼しい顔をしながら、
ハアハア心の中で言いながら積極的にエロいのを探すようにしているのですが、久しぶりに見つけました。

見てください。皆さん。

ドラッグとセックスと嬌声に満ちている。

そうですよ。そりゃもちろん読まないと。
ていうか芥川賞作品みたいですし、村上龍という巨匠ですから、負けなしですよね。

で、読みました。

結論ですが。

確かにドラッグとセックスに満ちてましたw

ていうか、コレが芥川賞!?っというのが、最初の感想でした。
ドラッグで朦朧としちゃってるところで、
外人の男に主人公の男がチンポを口に突っ込まれちゃってますけど!!

しかも

口内射精されちゃってますけど!

いいんですか!?うへえっ!

っという、退廃な感じが、最初から最後までぶっ通しでありました。

たまに出会える、ドラッグとセックスという2つのキーワードを持った小説。
未読の方は、読んでみるといいかもしれませんね。
薄い本なのでそれほど時間はかからないと思います。

ご興味があればぜひ。



このサイトは成人向けの情報を含みますので、
18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

ENTERLEAVE