ソープランドのボーイの仕事が確かに分かった



小説版のタイトルを見た時から、いつかは読みたいなと思っていた作品。
漫画と違って小説は、1冊を読み切るまでの時間的コストがかなりあると思うんですが、
漫画でも出版されていたので、こちらを買いました。

ソープランドのボーイの仕事は一度は体験してみたい感じの仕事なんですが、
とりあえずかなりきつい仕事という事はよく分かりました。
(仕事はどれもきついとは思いますけど)

漫画で効率よく読めたので、おおよその仕事内容は分かりまして、
とりあえずソープのボーイは、もうしなくてもいいかな?とは思いましたw

僕もいつか、潜入ドキュメンタリー的な漫画を描いてみたいですね。
小説だと時間的コストの関係で敬遠されがちですけど、
漫画だったら結構読まれる気がするんですよねえ。

ちなみに、ソープランドの、ある意味ではプチドキュメンタリー的にもなった作品が、

https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_130958/

こちらになります。
金津園体験からの「ソープという名の覚せい剤」


このサイトは成人向けの情報を含みますので、
18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

ENTERLEAVE