押見先生はフェラが好きに違いない

2020年2月11日

サキュバス好きならば読んだ事がある人もいると思う「デビルエクスタシー」作者である
押見修造先生の、
漂流ネットカフェ」。
最近は「血の轍」を連載されていて、
こちらも折を見てレビューしたいと思ってますが、
まずは漂流ネットカフェ。

全巻読破しました。

といってもすでに絶版なのか、なかなか本屋では見つからないので、
手に入らなかった巻は残念ながらkindle購入でしたが。



内容は、タイトルからも分かる通り、明らかに
漂流教室
を意識していると思うんですが、
漂流教室は子供向けなのに対して、
こちらは

大人も耐えられる版。

とでもいいましょうか。

大人も耐えられるからには、
当然フェラチオも出てきますし、
オマンコというセリフだってしっかり出てきます

ていうか絶対、押見先生はフェラが好きですねw

漂流教室を読んだのは子供の頃で、
漂流教室で飛ばされた小学生たちは、

ビスケットを分け合ったりと子供ながらにドキドキしましたが、

大人になってから、同じような展開をされても別に面白くないので、
自分的にはエロありの(まあ当然そういう展開になるよね。みたいな)押見先生の展開が最高でした

ストーリーの詳細はここでは書きませんが、
全7巻くらいなら、まあ揃えてもいいかなという巻数なので
(30巻あります。とかだと躊躇しますよねw)、
未読の方はオススメします!