コロンビア女のケツへの興奮を借りて観た映画「潜入者」

こちとら自腹レビュー, 映画

コロンビア女は世界で一番美しいという噂がある
で紹介したコロンビア女のムチムチなケツを見て、
チンチンを勃たせるともう、
基本的には、

コロンビア絡みの。

しかもエロイやつ。

というコンテンツ探しになるわけでして。

見つけたのがこの映画。

潜入者

これは、メデジン・カルテル(wikipedia)という、Netflixドラマにもナルコスという作品名である、
パブロ・エスコバル
絡みの話でして。

内容はよく知りませんでしたが、


・コカイン密輸の巨大組織
・ギャング
・南米

といういくつかの属性をチラリとみて、

 

これは!
まあ、出るでしょ!
コロンビア女ケツ一つ二つ
麻薬取引で手に入れたうなるようなカネを使ってね!
エスコバルは毎夜乱交してたって聞くし!
絶対イケるはず!

 

ということで観まして。

・・・。

・・・。

で・・・。

 

見事に外しましたw
すごく真面目な映画でした。

エスコバルがコロンビア女のケツでよがり声を上げてるシーンは出てきませんでしたw

 

なんか・・・どうも・・・。
すみませんでしたw

 

ていうかですね。予告編で気づくべきでしたねw
エロ1mmも出てないじゃん!w

( ・∀・)=b グッジョブを押す 1( ・∀・)=b グッジョブ
Loading...