4作目のアジア物「娼婦という名の女郎蜘蛛」

さらばフリークスタジオ絶版漫画!

勢い衰えることなく描き切った4作目。

以前書いていた作品紹介文はこちら
娼婦という名の女郎蜘蛛

まあ相変わらずの絵なんですけど、
ここで正直に申し上げましょう。

この絵を描き切った当時、自分はこの絵をどう思っていたかというと・・・

 

なんて上手に描けたんだろうっ!!

 

ですよ?w

井の中の蛙というのは、本当にすごいですねえ・・・。

ガチでそう思ってましたから。

この作品はわりと評価が高く、


4.4とかだったり(分母が少ないのもあるとは思いますが^^;)

こんなコメントを頂けたりもした作品でした。

—————————————–
他サークルにはない味わい

東南アジア売春婦の誘惑に負けて、快楽地獄に堕とされていく男たちのお話です。このサークルの最大の特徴は、男性が娼婦の恣意的な色仕掛けによって狂わされていくまでの心理描写。ハマってはいけない、堕ちてはいけないと分かりながら娼婦の肉体の魅力に抗えず、破滅への門をくぐらされる。男が堕落させられていく過程が丁寧に描かれており、非常にエロく、興奮させられます。М属性、とりわけ堕落・破滅願望お持ちの方一見の価値アリ。
—————————————–

有り難いお話です本当に・・・。

( ・∀・)=b グッジョブを押す ( ・∀・)=b グッジョブ
Loading...