「人形の国」の作画がすごい

シドニアの騎士。
この作品は私はアニメから入って、
現在コミックスを読み進めているところなんですが、
その作者の二瓶勉先生の、最新作

人形の国

にも手を出してみました。

そして、開いてビックリ。

ベタがほとんど無いんですw

漫画を描いてない方は、ベタと言われてもよく分からないかもしれませんが、
つまりは黒く塗るところ みたいなことですかね?

人形の国 1

ご興味を持たれた方は、
サンプルがこのページで見られるので、ぜひ見てみてください。

 

シドニアの騎士は、逆に、ビックリするくらいベタが多かったんですが、
もはや二瓶勉先生の作画に対する姿勢は、芸術性を感じます。

モノクロ漫画を描いたり、カラー漫画を描いたり、
内容に応じて切り替えてるんですが、
勉強になりました。

自分が、これが今回の作品に対しては、ベストな作画!と信じられれば、何だってやったって自由なんですね。
ちょっとだけ。勇気をもらえた漫画でした。

 

私は2巻まで読み進めましたが、
いやはや面白いですね。
ハンターハンターのような、能力バトルの予感がして、
今後の展開が楽しみです。


このサイトは成人向けの情報を含みますので、
18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

ENTERLEAVE