究極の左手デバイスだと思っていたTAP

タイトルですでに結論をほのめかしていますけどw

16日近くかかってようやく届いた、先日紹介したTAP。
長かった。長すぎた。

いよいよ使ってみました。

で。速攻で結論ですがw

キーボードとしては、頑張れば結構使えそうです。
4本指を使うキーが、半端じゃなく難しいですがw

ただ、絵を描く上での左手デバイスとしては、ちょっと厳しかったです・・・!

 

というのも、

性能が良すぎて(?)

反応が良すぎるんです。快適すぎるんです。
故に、

手のポジションを、
普段、机にペタリとくっつけていられないんです。
下手すりゃ、左手を、一切動かしちゃいけないんですw
例えば、ですね。

「ふう・・・疲れた・・・。」

と、ちょっと手を置いただけで、鉛筆がいきなり消しゴムに代わる場合もありえてしまう(ショートカット設定次第で)ほどの反応の良さ。なんです。

手の配置としては、

このように、手の平を机につけてちゃいけないんです。

 

こういう風に、浮かせないといけないんです。

 

まあでも、仕方ないですよね。
これは、キーで文字を打ち込みまくることを想定したハードなので。

キーボードでキーを叩く時、
手のひらをぺったりと机にくっつけたり、と、
所定の手の置き方をほぼ強制させられてますよね。

それと同じなんです。

キーを打ってないときは、TAPは電源をスリープにしておくんです。
スリープからの復帰はめちゃくちゃ早いですよ。

さあ。キーを打つぞ。
という、自分自身が開始モードになって、TAPを復帰させて、
キーを打ち始めるタイミングには、まったく問題ないです。

でも、

ペン -> 消しゴム -> ペン

というちょっとした変更のスピードには、このスリープの復帰は間に合わないんです。

 

買う前に気づけよって感じですがw

 

さーて。2万も払っちゃったから、使い道を考えないと・・・!!!w

あ、ちなみに、
キー入力のための勉強ソフトは、

かなり面白いですw

頭の体操になりそうです。

テトリスみたいに文字が落ちてくるんですけど、

あ、え?N?あれ?どれだk あー迫ってくる迫ってくる!

とかw

 

・・・。

・・・。

 

このテトリスで2万は高いだろっ!!w
何か理由を考えないと・・・。

いっそ、もう1個買って両手にしたら、
本当にキーボードから解放される気はちょっとしますね・・・。

4本指とか難しいのを、もう片方につけたやつで設定した、簡単なキーにすればいいんですからね。

 

ただ・・・

さらに2万をかけるほどか・・・?
キーボードで・・・。

というところなんですよww

誰か助けてくれ・・・。


このサイトは成人向けの情報を含みますので、
18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

ENTERLEAVE