取材で鶯谷のラブホ街を散歩してきた

土日は副業の都合で東京に行ってました。
で、せっかく行ったのだから・・・。と、
ラブホの街「鶯谷」を、取材と、漫画に使えそうな写真を撮るために散策してきました。

ラブホの街。って言いきっちゃうと、そこに住んでいる人に叱られそうですが、
現にラブホの街だから仕方ないですw

駅着いてまず目につくのは、
男女問わず、
駅前でいろいろ待っていらっしゃる方々。
何が目的か、何のために立っているのか?が分かりやす過ぎなんですが、
あれだけいっぱいいると、なぜか勇気が出てきますよねー。

それらを横目に、逃げるように横道に速攻で入り、
でもその横道こそが、エロストリートへの通りだったり。

で、人がいない隙を狙って、漫画の素材に使えそうなところをパシャパシャと。

まだちょっとビクビクしながら、歩きながら撮っているところ。
モーションブラーがかかっている感じが臨場感が出てますかね。

ちなみにこの影は僕です。
今日も暑かった・・・。

だんだん、落ち着いて、
やや立ち止まって撮れるように。

この辺からは、さらに大胆になってきて、
余裕で立ち止まって、しっかりとカメラを構えて、ブレないように撮ってます。
カメラって言ってもスマホですけど。
それにしてもなんだクルクルドライヤーって。

 

まあ日曜日の昼間に、

40代くらいの怪しげなカップルとかとすれ違ったり、
男一人で歩いているのや、
女一人で歩いているのとすれ違いましたけど、

特に
ラブホ街を男一人で歩いている状況ってのは、

すれ違った人間から恐らく、

こいつ、風俗だな。

とか思われてるんでしょうね。
僕がすれ違う度に、思うわけなんでw

でもお構いなし。ですね。
なんせ。

お前だって、風俗だろ?

状態なのでww

 

本当は、三ノ輪か南千住で降りて、
吉原の見学に行こうかとも思ったんですけど、
あっちを通ったら、回避出来る気がしなかったので、
今回はおとなしく鶯谷に行ってきました。

でも鶯谷のあの通り。
夜歩いたら、さらにエロそうですねー。
今度は夜に行ってみたいですね。
でも夜に行って、もし女がいっぱい立ってたら、
これまた回避出来る気がしない。
ということもあったので、本日は昼間でしたw

そんな土日でした。
それなのに明日、副業仕事は普通にある・・・。


このサイトは成人向けの情報を含みますので、
18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

ENTERLEAVE