支援サイトを使うのはやっぱり、やめました。

日々雑感, 日記

先日。絶版本の扱いを支援サイトを通して再び出せたらいいな?みたいな話をしていたんですが

絶版本の取り扱いについて

やっぱり色々検討しまして、
支援サイトを使うのはやめました

まあ僕も、お金がすごく大好きな人間ですから。

支援サイトを通じ、絶版にした本をサービスの一つとして提供することで、
支援者の方が増えてくれて、
お金が入ってくれば、
いつの日かそれが積もり積もって、
ソープ1回行けちゃう!行けちゃう!ていうか、イケちゃうーー!!

とも思ったんですが、
よくよく考えれば、僕の同人活動のスタンスって、そこまでじゃなくて、ですね。

実は、旧作に対しては、絶版になったとしても、

ま。いいや。

というような感じなんです。
次々と絶版にさせた当時は、

せっかく描いたのにもったいない・・・。

みたいな感覚もあったんですが、
絶版本数が増えてくると、
もったいないという感覚が薄れてくるのか、
そこは小さな問題に見えてきた・・・。という不思議な感覚でして。

もっともこれは、
明日のコンビニ弁当代のため。とかになると、
なりふり構わず何でもやる気マンマンなんですが、

今のところ副業の給料でご飯は食べられるので・・・。
すき屋、松屋、吉野家ではどこでも定食を頼めるくらいには。

なので、旧作のことをいちいち考えるより、
それよりは、次の新作の方がエロいはず!みたいな・・・。
何の根拠も無い自信。なんですが。

なので絶版本に関しては、もし何か企画があれば、
このブログを通して、細々と何かやってみようかな?
なんて考えてますが、
仮に半永久的にお蔵入りになったとしても、
運よく(?)購入出来た方は、ラッキー!ということになるので、
それはそれで、

購入してくれた方へのプレミアムのプレゼント

にもなるのかな?なんて事も最近では思い始めておりまして。
とりあえず、
過去作なんかもう、どうでもいいとすら思っているので、
とにかく次を!
次の作品を!

いろいろ、試させてくださいませ!

今後もフリークスタジオをよろしくお願いします!!

( ・∀・)=b グッジョブを押す ( ・∀・)=b グッジョブ
Loading...