漢字に女がつくモノは妄想が膨らむ

以前ツイッターでちょこっと話した事がある気がしますが、
暇な時に結構試してみるものとして、
漢字の中に

という文字が含まれているものを見て、
それに想いを馳せるという、根暗な遊びをしてまして。

例えば分かり易すぎるモノとしては、

嬲る

なんか、典型例ですよね。

男女男

と書いて、嬲る

女を男二人でレイプにしている感じですよね。

その一方で、

女男女

と書く方も、なぶると読むらしく。
こっちはM男の垂涎の漢字ですよね。

(サキュバスに奪われた国 より)

*ただし僕のPCでは変換で なぶる とやっても、出てきません。

 

今回、次作のタイトルを考えるにあたって、

という漢字を使おうかな?と考え、
この時点では何とも思わなかったのですが、

お?この漢字。そういえば女という文字が使われてる。

と気づいてしまいまして。

成り立ちをちょっと調べてみました。

https://okjiten.jp/kanji1518.html

>「両手をしなやかに重ねひざまずく女性」の象形から、おだやかな日に、
>女性が室内でやすらぐ事を意味し、そこから、「やすらか」、「くつろぐ」
>を意味する「宴」という漢字が成り立ちました。
(引用)
*女の象形文字は上記URLのイラストがわかりやすいです。ぜひ見てみてください。

女がひざまづいている様子。

でも、意味は

女が安らぐ。

だそうで・・・。

うーん。なんか違うと思いませんかね・・・。

僕の印象では、

女がひざまづいて土下座して、男に奉仕しているような光景が目に浮かぶんですが・・・。

皆さんはどうでしょう?


[democracy id="7″]


このサイトは成人向けの情報を含みますので、
18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

ENTERLEAVE