pinkjoe先生にTwitterでフォローして頂きメッセージまで頂きました

遡ること2年以上前のこと、
pinkjoe先生の作品を紹介させて頂いたことは、
このちっぽけなサークル、吹けば飛ぶようなブログでは、
もはや誰一人覚えていないかもしれませんが(キッカケを作ってくれたpaizuri好きさんくらい・・・かも、ですかね・・・?)、
(とはいえ当ブログで、pinkjoe先生以外のその他の同人作家さんの漫画を紹介したことは、確か無い・・・?気がします。)
(追記:すみません。こう書きつつ、あれ・・・そうだったけな・・・違う気も・・・強烈な違和感が・・・。
と思ったら、すみませんw風呂入ってて思い出しました。
ダークサイド先生の作品も紹介させていただいたことがありましたね!
確か、この2作品のみ、このブログで記載させて頂いたと思います。ダークサイド先生、失礼いたしました!)
先日、Twitterでフォローして頂いた方の、さらにフォロー先に偶然、pinkjoe先生のTwitterアカウントを発見しまして、
実は大ファンなので、ホクホクしながらフォローさせて頂いたところ、なんとメッセージを頂くことが出来ました・・・!
また、実はこのブログを見ていてくれたようで、先日もコメントを頂いていたようで・・・!
感動です。
実は、ですね。そんな経緯は特に関係なく、
つい先日、
http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_109881/
を購入して、見させて頂いておりまして、
ものすごい衝撃を受けていたんですよ・・・。
同じエロ漫画描きとして、本当にもう、なんというか、尊敬の意味で、
才能に嫉妬する
というやつを経験しちゃったんです。
いや。嫉妬できるほどの実力もない私には、おこがましい話ではあるんですが。
驚くほど私のツボに入る作品で、最初のページから最後のページに至るまで、
本当にもう、クオリティの高さとエロさにビビりながらも一歩引いた冷静な自分が、pinkjoe先生の才能に嫉妬している。みたいな。
しかも自分でも描くようになった以上、どれほどこの作品に労力を注いだかが、ヒシヒシと感じられる絵のクオリティ。
なんか、私なんか。本当にすいません。下手くそな絵の作品、世にまき散らしちゃって・・・。
kindleで頂いた星5コメントの、わたし的にはモニタ前で手を叩いて笑いつつも喜んじゃった喝采だった表現
『主人公の汚物感をまきちらし』
がまさに、言い得て妙。みたいな感じの、小汚い漫画で、本当にすみません。もう。みたいな感じなんですよ。
このことを、日記で書こうと思っていた矢先の、pinkjoe先生からのメッセージだったので、
いろんな意味で衝撃を受けました。
以前書いた通り、痛いのはちょっと、自分自身がヘタレなので、
その限界を突破出来ないという理由で、イタタタタタタタっという作品は描けないんですが、
(1創作者として目指している方向は、
料理人。食材渡されて、これ使っておいしい料理を作る。
というのを目指しているので、自分の中で、
テーマがM堕ち、人間の堕落 というメインストリームを守っていさえすれば、
ジャンル縛りの制限はしない。と決めているのですが、
それでも限界を突破できないものは描いても、たぶんバレるだろうと思っていますので・・・)
↑の作品の2作品目はそういうシーンがあれども、
ハラハラしながらも読めちゃったところとか。ていうかむしろ興奮しちゃったり・・・。
これは新たな性癖、生まれちゃう・・・!?みたいなものを背筋に感じたりしちゃってですね。
作品が持つエネルギーにビビりました。
で、計2本入った作品のうちの、1本目は、
これまた・・・
ドンピシャなんですよ。びびるくらい。
そう!これ!私!こういうの、描きたかった!そうそうそう!
みたいな。
なんで・・・・こんな作品描けるんですか・・・!!!
という感じなんです。
催眠というジャンル。実は私もすごい好きで興奮する分野なんですが、
こういうの、出してみたかったんですよ私!とか本当に思いました・・・。
一つの完成というか頂点が見えちゃった気がして、
自分でも描く場合は相当頑張らないと、
足元にも及ばない。ていうか無理じゃない?やばい。ここはもう催眠モノは、pinkjoe先生の新作を待つか!
みたいな。
とはいえ、私がサキュバスを描いたのは、さること10年以上前のこと、
サキュバスのとある小説を見たのがキッカケだったように、
先人が積み上げた道に、ちょっとだけ自分の汚物もまき散らしてみる。
みたいな感じで、頑張ります。
pinkjoe先生、Twitterフォローとメッセージ、ありがとうございました!
とりあえず、当サークルの作品なんてどうでもいいのでw
pinkjoe先生の作品、未読の方は絶対に読んだ方がいいと思います!