妻帯者達が共同でヤリ部屋を確保する映画『ロフト』

2018年7月17日

ロフト.

5人の男が、浮気用に豪華なマンションの一室を折半でお金払って借りて、遊ぶ。

という、概要だけで、エロ決定な感じのロフトという映画を観ました。

実は私の作品を読んでくれている方にはわかるかと思いますが、
私は個人的に妻帯者というステータスを持った男が、堕落していくサマというのは、
非常に興奮するタチでして。

当サークルは人間の堕落や堕ちていくところを、究極的なテーマに据えておりますので、
妻帯者や彼女アリの人間は、
基本的に聖者みたいな生活をツガイの女に強いられている人間。という位置づけだと思ってまして、
この聖者をどう料理するか、は腕が鳴るところだったりするのです。

これが例えば、
独身で完全フリーの男が、
いろいろ頑張って急にモテるようになっちゃったり、
性欲が我慢出来なくて強姦に走っちゃったり、
で、いろいろセックスをしました。
というシチュエーションは、
僕が描くと、

「え。別にそれって、その男がただ普通に楽しんでいるだけの話では?」

みたいな感じになっちゃって、エロく作れない。ので、
これはほとんど採用しない属性なんですね。
なんちゅーか、僕にはこの素材では、あまりおいしい料理は出来ないかも。と。
何本も描いていると、だんだんこういうところが分かってるので、
長く続けてきて、これだけは良かったなあ・・・。とは思っていますが。
そういう意味では、初期の頃から見てくれている方などには、
どんな感謝をしても、しきれるものがないくらい、本当に感謝してます。

さて。

そういう仄暗い性癖があるので、
このロフトにも、大変興奮させて頂きました。

まあセックスシーンがメインじゃないので、
ソレは断片なんですが、
だからこそのエロさ。ってのがあるんですよねー。

単なる断片なんだけど、
その前振りとして、これでもか?というくらい、各キャラクターの属性を見せられた後の、情事。

なので。

内容もサスペンス要素があるので、なかなか見ごたえもありました。

私と同じ属性を持っている方は、ぜひお勧めしたい映画でした。
エロ度は80%でございます!

ちなみに、その性癖がこじれて
妻帯者キラーの女

こんな感じの漫画を描いちゃったりしてます。
ステマです。