モザイク無しでチンチンを描けた漫画「ムシヌユン」

作品感想, 漫画

ムシヌユン

私はまだ全巻読破してませんが、これはめっちゃくちゃ面白いギャグに近い漫画ですよ。
作者は社会人類学者で学校の先生だそうなんですが、
いろいろとさすが!面白いの一言につきます。

沖縄地方の島で宇宙から何かがどうのとか、
なんか日本がやばいことになってる、とか、
まあいろいろあると思われるのですが(全巻読破してないのでまだ私も詳細な最後までは知らない)
とりあえず作品中でフォーカスされているのは、
そういう大きいことではなく、
強烈なコミュ障の主人公が

どうせ死ぬなら・・・せめて好きだったあの女を、死ぬ前に、犯すことにしました。

と思い至り、行動を開始するってことで話が展開していきますからね。

そういう漫画です。

で、件名のところに書いたんですが、
主人公のチンチンは、宇宙からきた何か?によって、変形するんですね。
その変形されたチンチンが、モザイク無しでガチで描かれてるんですよ。

これは私は感動しましたね。
まともなチンチン描くと、日本では即モザイクで、
せっかくのエロパワーもかき消されるんですが、
こういう描き方なら、チンチン描けるんだ・・・!アリなんだ・・・!

と思わせてくれました。
必見ですので見てみてください。
この宇宙からきた何かがチンチンについたせいで、常時フル勃起になった主人公をw

( ・∀・)=b グッジョブを押す ( ・∀・)=b グッジョブ
Loading...