国連平和維持軍に供給される性奴隷。トゥルース 闇の告発

2019年12月13日

内戦で疲弊したボスニア
平和維持活動に参加する国連平和維持軍

その夜の相手をする女の供給は、大きなカネになる。

需要があるから供給がある。

というのを地でいくテッパンストーリーでした。

で、主演女優である警察官のレイチェルワイズは、
人権系団体の課長としてボスニアにきて対応にあたるわけで、
需要サイドの

人身売買で連れてこられたと、自分の欲望のみ優先したオマンコしてみたい

とか考えているゲスな男(僕じゃないですよ!?僕じゃない!)からすると、

非常にうっとおしい

存在なんですが。

さすがはアカデミー賞受賞女優のレイチェルワイズ。
映画の構成も素晴らしいのか、
普段僕は

女をさらって売る側の人間の視点

で観ている・・・もとい、観るように心がけているのですが
(あえて、ですよ!あえて!そうすることでより凶悪な悪役を描くことが出来るんですから!そっちの方がチンチン勃起するから、とかじゃないですよ!ほんとに!やむを得ず、です!)

その僕をして、
ラストの後半はレイチェルワイズ側感情移入してしまい、

どうなるんだ!?どうなるんだ!?

とか思いながらハラハラして観てしまいました

普段だったら、

ちっ。うるせえ女が。この女もさらって売っちまいな!

とか思ってたりもするんですが。
(あくまで悪役の感情を勉強するために!)

結末は書きませんが、映画として十分お勧めできる作品でした。

なおちなみに、セックスシーンはほぼ無いです。

人身売買で連れてこられたセックスしているシーンはゼロです。

使用済みコンドームとか注射器なら出てきてましたけど。

なのでエロ目的に観る人は、

使用済みコンドームで興奮出来るかどうか?

が勝負です。

では。

では。じゃねーよww

トゥルース 闇の告発トゥルース 闇の告発